2014年03月19日

雪の光景(3)


2014年3月11日白川郷荻町合掌造集落

ある大手カメラメーカーのテレビコマーシャルで、
光を求める=影を求める、
それは日本人であることが関係して居る、
と云ふ様なことを伝へて居ます。
日本人だからなのか如何かは分かりませんが、
私も、影に魅かれて、
影の形や大きさ、濃さに気を使うことがあります。
光があるから影があるのですけれども、
興味を魅かれる影があると、
光と影が表裏一体であると云ふことを忘れて、
影だけに没頭してしまひます。
それではいけないんですよね〜

今日の写真は光と影を意識して撮つた訳ではなく、
形に魅かれてレンズを向けたのです。
ヒトの顔に見えるかなあ〜と。
一見、光がばかりの写真である様です。
しかし、雪の盛り上がりの斜面の薄い影がなければ、
雪が盛り上がつて居ると云ふことが認識できません。
と云ふことは、
形に魅かれて撮影したものと思はれるものでも、
実は、影の掛かり方に魅かれて居るとも云へるのかなあ〜

〜関連記事〜
  • 3月14日:雪景色が似合ふ郷
  • 3月17日:雪の光景(1)
  • 3月18日:雪の光景(2)

  • Posted from するぷろ for iOS.

    タグ:トリミング
    posted by あにぃ at 17:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/391956977
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。